覚書

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05
 
休日出勤決定…はやく決着付けたいのに。

■ 刀語 限定版BD 12巻+ED主題歌集1

購入予定はないけど、
Amazonのページで見れる特典の3巻収納BOX「冬」のイラストに、衝撃。

話の結末を知っている分、どこまでもほわほわと幸せそうな七花&とがめにほろり。
これは、ちょっと、すごいインパクト。
変にラブラブしているより、逆に泣けてくる。

裏面イラストは、否定姫祭。3パターンの否定姫で埋まっている。
否定姫のインパクトが強すぎて、下のほうの鳳凰(毒済)にしばらく気づかなかったくらい。
…というか彼我木は!?

BDは買えないけど、ED集は購入予定。
とがめ(田村ゆかりさん)と七実(中原麻衣さん)のキャラソンも収録らしいし。

ただ、男性キャラのキャラソンって出ないのかな。鳳凰としての置鮎さんの歌とか、聞いてみたいな。
「刀語」の歌は全般的に好きなので。

刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生産限定版】 [Blu-ray]刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/03/02)
細谷佳正、田村ゆかり 他

商品詳細を見る


刀語 エンディング主題歌集1

■「戦国BASARA弐」戦国トラベルナビ~大阪・岐阜編~

話題になっていたのでチェック。
置鮎さんと石田さんのお二人によるナビなんて、な、なんてこと!!!!??
うわ~楽しみ。シリーズをまったく聴いたことがないので内容を想像できない分、妄想だけ広がっていく。

タイトルだけ知ったとき、てっきりDVDかと期待しちゃったし。
というわけで、チェック。てか、いい加減「BASARA」見よう……うん。


TVアニメーション「戦国BASARA弐」戦国トラベルナビ~大阪・岐阜編~TVアニメーション「戦国BASARA弐」戦国トラベルナビ~大阪・岐阜編~
(2011/04/13)
石田彰(竹中半兵衛)、置鮎龍太郎(豊臣秀吉) 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
 
04
 
(2/4にAmazonより到着。感想を追記。お返事については、各記事にて。ありがとうございます。)

限定版BDを予約。

正直なところ、購入はかなり迷ったのだけど(アニメ本編はTVで録画済なので)、特典CD「虚刀・鑢」の置鮎さんの朗読が聴きたいので。
購入の決め手は、置鮎さんの女性演技があるらしいからwww
オカマキャラのときの演技とか、すっごくかわいかったり艶っぽいので、女性演技が聴きたかったんだよな。
楽しみ。

公式サイトでは「毒刀・鍍」の総集編PVも公開。

(仕事がまだまだ一段落しないので、書き捨て御免状態です。
すみません。拍手などありがとうございます!!)

「刀語」公式サイト

刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/02)
細谷佳正、田村ゆかり 他

商品詳細を見る
 
12
 
昨日は2時過ぎまで仕事の打ち合わせだったので、しっかりは見てない。

ちょこっとだけ、つまみ視聴。
断罪炎刀のとこの「すべてだった」のくだりがないのが残念!とても残念。
…だけど、左右田の「生かさず殺さず」からの言い直しがなんかよかった。

10話をしっかり見ていなかったりするので、きちんと順序を追って、最後までみたいと思う。


ラストのナレーションも見てしまったけど…まったくもってそのとおり。
あがいてあがいて目的以外のすべてを捨て去って、
なのにまるでうまくいかず、
無残に後悔しながらどうしようもなく散っていった人たちも含めて(まにわにのことだー!)
その先に続いていく物語だったのか。

まったく報われなかったけど、その足掻いた想いだけはきちんと認められていたこと、
それがただの道化じみた喜劇ではなく、物語を構成する一部とされていたことが、少しうれしかった。


公式では11話の「あとがたり」(細谷さん、田村さん、置鮎さん~~~)も公開。
四季崎in鳳凰は、四季崎役の方が演じる可能性もあったとか!?? ふむ、置鮎さんが演じ分けることが前提だったわけじゃないのか。ちょっと意外。
ばっちりみごとに演じ分けてくれたけど。

個人的には、DVD特典CDの「虚刀・鑢」の朗読も楽しみ。置鮎さんの朗読&演じわけが堪能したいぞ。ちょこっとでも鳳凰過去関連が出てきてくれたら……なんて、祈ってみたり。


刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/02)
細谷佳正、田村ゆかり 他

商品詳細を見る

 
14
 
はしょられすぎたり、あんまりだったりで、いろいろ妄想補給中。
(11話についての感想&妄想は、11/13のエントリーにて)




すてきなイラストいっぱい。
11月ということで、鮮やかなもみじの色が、鳳凰コスチュームとマッチしている。

みの字さんの同人欲しいな。
鳳凰以外にも、七花&とがめ、まにわに全員好きだし~。
 
13
 
毒刀・鍍

とがめいついてもいろいろいろいろ想いは浮かぶけど、12話見てからにしておこう。

■ 真庭鳳凰について

置鮎さんファンとして、いやそれだけではなく一人のキャラとして、かなり鳳凰が好きになっていたものとしては…噂どおりのかませな最期に呆然。
てか、鳳凰の過去、設定について、はしょりすぎじゃないですかい? なんで同じ技が使えるのか、まともに説明してない。顔はぎについても…全く触れてないし。
ん~~。

原作読んでなくて、アニメ見ただけ、「命結び」についてをWikipediaで知っているだけだけど…妄想すれば(BL系ではなく)、かなり報われない、救われない、どうしようもなく切なくなる設定と展開なのに。

鳳凰についての妄想は、追記にて。


■ 置鮎さんについて

しかし、置鮎さんの演技&声が本当によかった。
もともとの鳳凰の演技と少し高めの声、大好きだったので。さらりとしてるのに、どこかねっとりと妖しい。左右田とのやりとり、バトルも綺麗でそれでいてカッコいい。

その後、さすがの狂気演技をはさんで…

さらに、四季崎状態も、これまた男らしくてかっこいいのだ。こういう人を小ばかにしたような、笑いを含んだような余裕のしゃべり。

あぁもう、これ系の演技&ボイス、両方だいっすき!!!
これ系の役ってなかなかないんだよな~もっともっと聞きたい演技&声だった。


■ ほか…

人鳥くんの最期の言葉と、最期の絵がちょっとショッキングすぎて…あそこだけは、もう見返したくないかも。

とがめについてはかわいい限り。
こういう、”頭を使う”仕事に自信をもてても、”心を使う”人付き合いに自信の持てない女の子って親近感がわくというか、ギャップ萌えというかで、とてもとてもかわいく感じてしまう。

さて、最終回でどうなるかな?


刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/02)
細谷佳正田村ゆかり

商品詳細を見る


Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。