覚書

11 | 2010/12 | 01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
 
昨日は2時過ぎまで仕事の打ち合わせだったので、しっかりは見てない。

ちょこっとだけ、つまみ視聴。
断罪炎刀のとこの「すべてだった」のくだりがないのが残念!とても残念。
…だけど、左右田の「生かさず殺さず」からの言い直しがなんかよかった。

10話をしっかり見ていなかったりするので、きちんと順序を追って、最後までみたいと思う。


ラストのナレーションも見てしまったけど…まったくもってそのとおり。
あがいてあがいて目的以外のすべてを捨て去って、
なのにまるでうまくいかず、
無残に後悔しながらどうしようもなく散っていった人たちも含めて(まにわにのことだー!)
その先に続いていく物語だったのか。

まったく報われなかったけど、その足掻いた想いだけはきちんと認められていたこと、
それがただの道化じみた喜劇ではなく、物語を構成する一部とされていたことが、少しうれしかった。


公式では11話の「あとがたり」(細谷さん、田村さん、置鮎さん~~~)も公開。
四季崎in鳳凰は、四季崎役の方が演じる可能性もあったとか!?? ふむ、置鮎さんが演じ分けることが前提だったわけじゃないのか。ちょっと意外。
ばっちりみごとに演じ分けてくれたけど。

個人的には、DVD特典CDの「虚刀・鑢」の朗読も楽しみ。置鮎さんの朗読&演じわけが堪能したいぞ。ちょこっとでも鳳凰過去関連が出てきてくれたら……なんて、祈ってみたり。


刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/02)
細谷佳正、田村ゆかり 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。