覚書

02 | 2014/03 | 04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09
 
ラスボスまでプレイしたものの、クリアできずに放置していた「DOD3」
ラスボス戦が噂通りのとんでも音ゲーで、自分には無理だった…。


各ウタヒメの前日譚がDLCで配信開始。
1つ600円というお高め設定なうえ、本編の描写がうす~いまま終わったので、
最初から本編に入れておいてよ、というのが正直なところだけど、
本命の「トウ編」が3/13まで期間限定無料配信なのでゲット。


本編では心が壊れた状態で登場したトウ。
ボリューム自体は4章と短ったけれど、
彼女の心がなぜ壊れてしまったのか、と
セントの真意がよく分かるストーリーだった。

併せて、トウのレベルアップとともに開放されるウタウタイの記憶が…すごく胸にきた。
一画面に収まるような短文だけど、描写が巧い。
途中からトウの記録からセントの記録になって、
最後は思わず涙が出てしまった…あれはいろいろとずるいでしょ。(苦笑)

本編では謎だったセントの行動やおかしなしゃべり方の理由もよくわかった。
たまに戻る、まともなしゃべり方が彼本来なんだろうね。
お陰で今回のDLC中は、ずっとまともなしゃべり方で、
トウとイチャイチャしたり甘い言葉をささやいたり…置鮎さんの声が甘い甘い。
”頭が良くない”と表現されていたけど、
ラスボス戦での言動を見る限りすごくまともだし、
彼の行動が物事の原因だったとはいえ、結果も可能性も知らなかった状況での行動を
”頭が悪い”とは言わないんじゃないかな。


すごく良かった。
ゲーム本編は、いろいろ物申したい出来だったけど、
彼ら二人のストーリーはいろんな意味で切なかった。
…やっぱりこのDLC込の本編であるべきだったとは思うけど。



ドラッグ オン ドラグーン3ドラッグ オン ドラグーン3
(2013/12/19)
PlayStation 3

商品詳細を見る

※3/9現在、56%OFF中。まぁ、アノ出来ではね(苦笑)
スポンサーサイト
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。