覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
21
 
「テイルズオブエクシリア」の主従や
「テニスの王子様」の部長'sに萌えながらも、自分のお好みの妄想は、BLなような、そうじゃないような。

「腐女子のミカタ」を聴きながら、自分の中の好みについて、覚書。

※ 個人的な嗜好についてなので、違う嗜好を否定するものではないことが大前提。
 自問自答の適当メモ。
・久々に「テニプリ」にはまりそうな…

手塚部長のアルバム「with」が発売された当時、
CDの内容がすごく良くて、
「テニプリ」をチェックして、跡部戦の展開に燃えて、はまった。(はるか前)

「新テニプリ」を見てて思ったけれど、わたし、手塚厨な跡部がかなり好きかも。

でも、BLかといわれると…少々違うだろうか。
個人的には、BOYS LOVE、LOVE=”恋愛感情”は、「伝家の宝刀」「最強兵器」すぎて、
その一言だけで、すべてか完結しちゃうところが、逆につまらない。(ひどい)

もっとほかの
羨望とか嫉妬とか、
忠義とか憎しみとか、
プラスもマイナスどっちもごった煮にした強烈な執着のほうが好みだ。

その方がいつまでもきれいごとじゃない葛藤に悩まされて、
悩めば悩むほど深みにはまっていくようで…
すっきりとしたさわやかさより、なんだか好み。(ドSだな~でも、愉悦は人それぞれ!ギル様談)


だから、
「TOX」主従は、恨み憎しみ殺意とか、許せないプライドとか
マイナスだらけの感情と責任感(一族のため!)の隙間から、
ありえないし許されない羨望とか忠義が、じりじり湧き出して、
そんなあってはならないプラスの感情を否定すれば否定するほど、
その感情を意識して認識しまう…みたいな、そんなのが好きかな。(Sだ…)

「テニプリ」も、
冷淡な見下しが、熱いライバル意識に変わって、
負けたくない&負けてほしくない執着とか、自分の手で壊した悔恨とか、
同じく超えたいけど、自分より一歩前を進み続けた欲しい羨望とか、そんな感じが好みなんだろうな。

数年前にハマったとき、ひどく心を打たれたファンサイト様の小説がそんな感じだったので、とても読み返したい。
上京前でブックマークも残ってないし、数年前だからも、もう閉鎖されている可能性が高いのだけど。


※ BL自体を否定するものでは決してないし、わたしの好みのほうが少数派なんだと思う。
また、自分の中の感情を、悩んで否定しまくった末に「あぁ、でもやっぱり好きだ」にたどり着く感覚はけっこう好き。
(前回の「ちはやふる」で、太一がやっと千早への想いを自覚したシーンはすごくシビれた。
 でも、新派で横で苦悩する太一に萌えるSなわたし)
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1195-31df58ed
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。