覚書

09 | 2017/10 | 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07
 
やっと最後まで聴いた。

■ キャラクターについて

メインキャラ・鷹司は浪川大輔さん
当馬(苦笑)キャラ・紫京は森久保さん

自分としては、このお二人のキャラが、少々残念だった気がする。
紫京は、元気でかわいいものの、最後の最後までイヤなキャラ状態で、見せ場なし…。
鷹司は、メインなんだけど…セリフ回しが不自然で、違和感が気になって気になって。
素直になって、甘く囁くシーンはよかった、かな。セリフ内容が……だったけれど(;´∀`)


置鮎さん演じる春日局は、大奥を牛耳る人物らしく上記二人以外では一番出番が多かった。
暗躍者らしく、ねっとりと主人公を脅迫して、行動をコントロールする巧者。
あざけるような笑いを含んで見下すシーンの妖しさや、
低音ボイスで凄むシーンの怖さなど、
ここまで徹したドS演技は久々かも。
ラストあたりは「BLEACH」の初期のころの白哉のようで、高貴で冷酷な雰囲気だった。

他のキャラは、出番少なめ。

立花慎之介さん演じる永光は、序盤だけ聞いた2巻のとおり、綺麗な黒さ。
個人的には、春日局様の次に好みの雰囲気かも。
立花さんは「お菓子な島のピーターパン」のマイケルくらいでしか存じ上げなかったけれど、これ系演技はツボかも。

諏訪部さん演じる蔵之丞は、登場シーンは2つくらい?
諏訪部さんの硬派な演技が好きなので、蔵之丞のような下手(したて)な演技は個人的に好み。
彼のとる行動は基本、まじめ。春日局の命に忠実に従うようだけど…永光のように豹変するのだろうか?
メインである3巻が楽しみ。

ストーリーについては、長くなったので追記にて

イケメン大奥 ドラマCD(1)イケメン大奥 ドラマCD(1)
(2012/02/22)
浪川大輔、立花慎之介 他

商品詳細を見る
■ ストーリーについて

・鷹司がヒロインを好きになる過程がばっさりカットされていて、いつのまにそんなに好きになったんですか!?という違和感を最後まで引きずってしまった。
・ただ、最初から影武者なことに気づいていた…という展開はよかった。そこらへんもっとじっくり伏線を張って、描いて欲しかったな。
・セリフ回しがところどころおかしいような。
 定番過ぎて違和感があったり、温度差があり過ぎたり…とくに鷹司。

・トラック「秘密の告白」が一番よかった。
 迫る紫京→助けに入ってカミングアウトする鷹司→すべてお見通しで脅迫する春日局
 定番だけど、各キャラの”らしさ”が一番満喫できるトラックだった。数回リピート。

・ラストはキスの連打の甘いシーンなのだけど、鷹司の気持ちの高まりについていけなかった、かな。



> 貝類さん
いつもありがとうございます。

春日局様の演技、ゾクゾクするくらいドSでいいですよね。
置鮎さんのやさいい系演じはもちろん大好物ですが、こういうドSもあらためていいな~と。
漂う高貴さと艶っぽさが、たまりません!
2巻も楽しみに聞きたいと思います。

また…ラストについては、たしかに唐突ですよねw
自分は、公家出身(と、言ってましたよね?)とはいえ、大奥を追放された鷹司に生活能力があるのかが疑問で、この先、二人は苦労するだろうな、と思い、
夢見心地な逃避行の末に、現実の厳しさに打ちのめされる、ある意味、何よりも重い罰かも?とか考えてしまっていました(苦笑
(花嫁を連れ去るシーンで有名な旧い洋画「卒業」でも、ラストのラストでは二人の表情が厳しくなり、この先の未来への不安を象徴しているそうです)

もしくは、春日局の目的は(本物の)家光の世継ぎ、でしかなく、
影武者も、さらにはご法度騒ぎを起こして正妻になる道がなくなった鷹司にも、一切興味がなくなった、というのもあるかな~なんて。
…ただ単に、展開端折られただけだと思いますけど(苦笑
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1216-9f53206b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。