覚書

06 | 2017/07 | 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08
 
やっと最後まで

第1巻より面白かった。(個人的には)
相変わらず、相手(今回は永光)が主人公を好きになる過程の描写がまったくないので、
いきなりの好感度MAXについていけない部分もあったけれど、
今回はメインテーマが主人公との恋愛ではなく、永光自身の立場についてなので、前回ほど気にならなかった。

正直、鷹司(浪川大輔さん)は1巻目より2巻目のほうが、キャラが魅力的。
鷹司に限らず、蔵之丞(諏訪部順一さん)、春日局(置鮎さん)、さらに当て馬キャラの麻兎(中井和哉さん)もなんだかんだで永光(立花慎之介さん)の味方の立場で、鬱々として重かった1巻目に比べると雰囲気が幾分さわやかだった気がする。

鷹司は絶対こっちの立場のほうがいい!
前回気になったセリフ回しの違和感もほとんどなかったし。
蔵之丞は…こっそり主人公に迫る(夜、おそばに)あたりに、本性がちら見えした感じでわくわく。
春日局様は、前巻ほどじゃないにせよ、やはり出番が多く、特に今回のラストの英断には拍手。
大奥の最大権力者としての、”責任”をしっかり果たそうとする姿勢がかっこよかった。

そして、永光役の立花さんはこんなきれいな演技をする方なんだな~と新境地。
あまり存じ上げない方だったので、驚いたと同時にほかのキャラも聞いてみたくなった。

正直、主人公との恋愛話より、大奥メンバー内の争いとか協力とか、そこら辺のほうが面白いかも…。
第3巻はどうかな?
諏訪部さんと遊佐さんの対決、というだけでも声ヲタとしては楽しみ♪

イケメン大奥 ドラマCD第二巻 永光編イケメン大奥 ドラマCD第二巻 永光編
(2012/03/28)
ドラマ、置鮎龍太郎 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1221-95d5f183
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。