覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
16
 
やっと、エクスカリバー

個人的な感想。

雁夜の、良くも悪くも凡人なところが切ない。
周囲はサーヴァントもマスターも化け物だらけなのに、
精神的にも能力的にも、いたって普通。
憎しみの感情だけで踏ん張ってはいるけど、バーサーカーの暴走で体ボロボロだし…。

さらに、他人の苦痛が大好物の綺礼に目を付けられて…
無理やり治療を受けて、苦しんでいる姿をみると、生き続けるほど苦痛が続く、救われない存在。
気を失った顔の無防備さに、素の弱さをみてせつなくなった。


エクスカリバーのシーンのBGMは、
ゲーム本編「Fate/Stay night」のときからのエクスカリバーのアレンジで、ゲームからのファンとしては燃えた。
(旦那の指摘で気づいたけど/苦笑)
原点である「Stay night」でも、エクスカリバーはめったに発動できない最強宝具で。だからこそ、発動シーンは燃える。
【「Fate」シリーズファンとしての余談】
ゲーム本編BGMでは「エミヤ」や、「hollow」のラストの「wars」も熱かった。
「hollow ataraxia」の映像化や、4次メンバーの「hollow」的番外編が見てみたい。
逆に、「UBW」ルートが好きすきて、評価がいまいちだった劇場版を見る勇気がでない。


バーサーカーの無窮の武練による芸達者ぷりは、毎回面白い。
ランサーのゲイ・ジャルグの一撃で、F-15の宝具化が解除されることを察して、ガトリング(かな?武器はよくわからない)部分だけ切り離して、攻撃を続けようとするところとか。狂化して暴走しているけれど、戦闘における学習能力は上の上。
相変わらず置鮎さんは唸り声だけで、お疲れ様です。
”次”のシーンは、カットされなければ、セリフがあるので…どうかな?


ギルガメッシュの過去の描写の省略が非常に残念。
彼がセイバーに固執する理由は、ドSな理由ではなく、セイバーと同じように身に余る理想を求めた友人を想ってこそなわけで…そこカットするのは残念で仕方がない。
BDでの補間おねがいします。


キャスター最期の鶴岡さんの演技はとてもよかった。
ジャンヌ=ダルクの”屈辱”Wikipedia先生でみたけど…本当に屈辱、恥辱。あんまりな最期。
友人だったら、神を呪いたくなるのも無理はない仕打ち。


いただいた拍手コメントへのお返事は、追記にて。
> 如月さん
いつもありがとうございます!
「Fate」シリーズは、最初からしっかり見ないと(見てても?)わかりづらいところが多いかもしれませんね(苦笑
私は、「Fate/stay night」からのファンで、
「Fate/Zero」も原作本から読んでいるのでわかるのですが…あはは。
公式サイトで”よくわかる聖杯戦争”という説明が公開されているので、よろしければそちらをご覧ください。
聖杯戦争のルールや、サーヴァントとは?英霊とは?など、いろいろ説明がありますよ。

置鮎さんは毎回大変ですよね。
ネット上でも、「なぜ、置鮎さんが、バーサーカー!?」とよく言われていますが、
彼の正体がわかるシーンでは、多くの方に納得していただけるのではないかな?と思っています。
(TVアニメの尺を考えると、かなり省略される可能性も高いですが…)
ぜひぜひ、そちらの回もご覧になってください。

「テニスの王子様」は、如月さんおすすめ(笑)の劇場版を見ました~。
笑いました。というか、あれは…テニスじゃないですね。
テニスは、1つの球を同時に打ち合ったりしません!って。
手塚ゾーンの演出もめちゃくちゃだし、「跡部の贈り物」もいろいろな意味ですごかったです。笑えました。

手塚VS跡部戦のDVDはまだ届きませんが、この回は本当に大好きだったので、じっくり見たいです。
ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1228-700507c2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。