覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
13
 
プレイ時間 約8時間。

基本的に旦那がプレイしているのを横で見物しつつ、たまに2Pとしてバトルに参加しているレベルでの所感。
(ネタバレ含む)

1.システム・バトル

・バトル要素

久々の「テイルズ」のせいか、要素の多さにちょっとびっくり。
ただし、基本ラインバトルな「テイルズ」のため、敵に向かう方向がどちら(左、右、上、下)であれ、スティック前倒しなのが慣れるまで大変だった。(逆に慣れている人にとっては、このシンプルプレイがいいのだと思う)

ステップによる回避、バトル要素の使い分けを覚えるとけっこうやりごたえのあるバトルが楽しめる。爽快感と派手な演出をうまく両立していて、進化したもんだと感心。(「デスティニー」とかはNPCがおばかさんすぎてイマイチだった)

・複数プレイバトル

取説に一切記載がないのは、なぜだろう。
ひとまず、
 ・Wiiメニューでコントローラを追加
 ・2Pで使用したいキャラをを並び替えて2番目に変更
 ・2Pキャラをセミオートに変更
で、プレイはできた。あと、カメラは引き気味に変更しないと1Pキャラ以外見づらいので注意?

・収集要素

「テイルズ」特有のコレクター要素がかなり強化されているうえ、あまりに要素が多くてごちゃごちゃ感(めんどくさい感じ)の強かった以前のシリーズよりは、すっきりまとまってきていることがすごいと思った。
わが家のように、コンプリート目指すつもりはないけどそれなりに楽しもうと思っているか、じっくりコンプリートを目指したい人にはちょうどいいバランスとボリューム。
逆にサクサクとコンプを目指したい人には、要素が多すぎるかもしれない。

2.ストーリー・キャラ

・アニメキャラをかわいく3D化するのに成功している。キャラモデルがかわいい。
・意外と幼少編が長くて5時間くらい?
・一回主人公がどん底に陥るのは定番なのだろうか。
・まだまだ謎が多いけど、テーマである”守る”ことに関する演出、7年間の溝。ぐいぐい引き込まれるストーリーは相変わらず。

・主人公アスベルくん(櫻井さん)はかっこいいけど現在どん底中。幼少時代の事件から、7年間本人もがんばったのはわかるけど、周囲の成長っぷりがすごすぎて、彼の決意が一番弱かったのではないかと思えてしまうくらい。彼が”変わらないこと”に意味があるとは思うのだけど。
・OPムービーから離脱(敵対)フラグたちまくりのリチャード君(浪川さん)。浪川さんの抑えたトーンの声は少し哀しい雰囲気があって好き。
・個人的には、成長してツンツンになって再会した弟・ヒューバートくん(水島大宙さん)が最高にかわいい。決闘バトルの強さと演出のかっこよさに思わず萌えた。(眼鏡クールキャラにはもともと弱いし)いつかお兄ちゃんにデレてくれるだろうと期待。
・ヒロイン・ソフィ(花澤香菜さん)の天然キャラっぷりは、このストーリーのコア部分だと思っている。ゆらゆらのツインテールと、首をかしげる姿がカワイイ。



魅力的なキャラクターはさすがは「テイルズ」シリーズ。戦闘やシステムもかなり洗練されてきたなーという印象。
総プレイ時間は不明だけれど、まだまだ楽しませてもらえそうだ。

テイルズ オブ グレイセス(特典無し)テイルズ オブ グレイセス(特典無し)
(2009/12/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/130-66390971
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。