覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
14
 
以前から、欲しい欲しいと思っていたOVAをAmazonでぽちり。

置鮎さんの少年Ver.演技(「BLEACH」の白哉坊、「ぬ~べ~」の陽神くんなど)は、
本役とのギャップに感嘆しつつ、ものすごくかわいくって、大好き♪

かわいい中一手塚&3年レギュラー陣を堪能させていただこうじゃないか。

明日には届くかな?

テニスの王子様 OVA ANOTHER STORY? ~アノトキノボクラ Vol.1 [DVD]テニスの王子様 OVA ANOTHER STORY? ~アノトキノボクラ Vol.1 [DVD]
(2011/08/26)
皆川純子、置鮎龍太郎 他

商品詳細を見る


以下、昨晩、咳が止まらずに眠れなかった間に考えていたこと、メモ。
手塚部長とガイアスの共通点+変則的な執着について、だらだら~
先日、拍手をいただいた「TOX」のガイアスに関するエントリーを読み返して、
再燃中の「テニプリ」の手塚部長とガイアスは、いくつかの共通点があるな、と思った。
(それ以前に、書き散らした過去編などの妄想を整理すべきなのだけど…ごめんなさい)

・目的や目標の達成が最優先で、自分自身は二の次
 (ガイアスは”弱きものを救い、導くこと”、手塚部長は青学の全国制覇)
・目的達成のために、自分自身を「最強の駒」として躊躇なく活用する
・チート級の強キャラ
・基本的に笑わない
・自分個人に対する周囲の感情には無頓着


対して、
寿命を削って尽力した側近のウィンガル(木内秀信さん)や
手塚厨っぷりが微笑ましいライバルの跡部(諏訪部順一さん)
との組み合わせ(CPでもCPじゃなくてもOK)が好きなのだけど、
この二人に関する共通点は、
変則的な過程で上記キャラ(ガイアスや手塚部長)に執着しているところかな?
(キャラ的には全く違うけど)


ウィンガルにとってのガイアスは、父親を含めた一族の仇。
自分や家族を助けてくれた相手に心酔する、というのであれば通常の展開だけど、
仇敵であるガイアスを
「自分は、ガイアスに身を捧げる男に過ぎぬ」(※)言ってしまうまで心酔しちゃっているところが、
意外な展開すぎてとても気になる。
(※「ファンズバイブル」の小説より)


跡部にとっては、手塚部長はすでに一度負かした相手。
相手に負けて「絶対リベンジするぞ!」と執着する、というのであれば通常の展開だけど(真田のように)、
自分が勝ちながら、強くあれ!と執着し続けるところが、
意外な展開で、これまた気になる。


そんな変則的な執着は、その過程や思考に何があったか妄想すると楽しいから、好きだな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1333-97137751
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。