覚書

10 | 2017/11 | 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
16
 
※ ワイン 3/4本飲んだ後で微妙に酔っぱらい状態。

会社の友人から西炯子さんの「姉の結婚」1~3巻を借りた。

主人公がアラフォーということで、
さすがに「りぼん」や「なかよし」のような少女マンガ(自分の時代の)みたく、
恋が一番!
両想い最高!
という恋愛至上主義ではなく、
自分の私的な立場、公的な立場
さらに
相手の私的な立場、公的な立場
それらがすべてしがらみと障害になって、
両想いだろうとなんだろうと、一筋縄なハッピーエンドになんてたどり着かない。

なのに、我慢できずにふと起こしてしまう子供じみた暴走に、悔やんだり、喜んだり。
そんな展開を楽しんだ。


西さんといえば以前「富士見二丁目交響楽団」シリーズのイラストも描いていらした。
(ルビー文庫で最長のBL小説)
この小説の第1部が特に好きで、最近まとめ買いしてしまったけれど、
やはり主人公二人が無事にくっつく前の、もぞもぞ展開が堪らない(苦笑)

強姦されて、
でも「自分はホモじゃない!」と桐ノ院に対する羨望と嫉妬と恋慕のものすごく複雑な感情を抱く悠季に対して、
どうしようもなく悠季のことが好きで、目の前にいるのに(火事で家をなくして転がりこんできたり)、
決して手を出さず”友達”であり続けなければいけない桐ノ院のジリジリと焼け付くような想いとか。

読んでいるとぎゅうぎゅうと心臓が本当に痛くなるくらいの痛みで、スイートペインというやつなのかな?
そんな感情と疎遠な既婚者には美味しゅうございます。

折角、置鮎さんが悠季役で主演しているBLCDは、いまだに照れてまったく聞けず。
BLもNLエロも、小説では余裕なのに、なぜかBLは漫画(絵)とCD(音声)だと照れてしまって、楽しむことができない…残念。
男性向けのエロゲーやらエロ小説やらエロ漫画は、余裕なのにな(苦笑)。
(男性向けなら、調教ものも凌辱ものも、楽しめちゃうダメ人間…
男だらけの理系学生時代のせいか嗜好がどうしても男性向け…)


姉の結婚 3 (フラワーコミックス α)姉の結婚 3 (フラワーコミックス α)
(2012/05/10)
西 炯子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1339-99b0a0dd
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

まとめtyaiました【西 炯子について~「姉の結婚」と「富士見」シリーズ】

※ ワイン 3/4本飲んだ後で微妙に酔っぱらい状態。会社の友人から西炯子さんの「姉の結婚」1~3巻を借りた。主人公がアラフォーということで、さすがに「りぼん」や「なかよし」のような少女マンガ(自分の時代の)みたく、恋が一番!両想い最高!という恋愛至上主義では?...

  • まとめwoネタ速neo
  • 2012.06.20 03:40
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。