覚書

05 | 2017/06 | 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
15
 
1997年にニッポン放送で放送されていたラジオドラマ。
その後、WOWWOWでTVアニメ化された。

一時期、声優としての活動を休止していらした丹下桜さんが主人公。
アンドロイド・アナであるMAICOをとても純粋にかわいく演じていらして本当にぴったり。

置鮎さん演じる松尾伝助は、まだまだ若手のAD。
ディレクターであるマスダマス(緒方恵美さん)にいつも振り回される頼りないキャラだけど、
熱意とMAICOへの優しさは本物で、ところどころで泣かせてくれるキャラクター。
声のトーンは、置鮎さんの素に近く、かなり高めの”普通の青年”ボイス。
(「悪魔城」のアルカードとか演じてた年だけど、ギャップがさすがw)


ラジオドラマは、途中までしかドラマCD化されなかったけれど、
緒方さん&置鮎さんの演技が突き抜けてて笑えるギャグ回や、
MAICOをはじめとしたメインキャラクターを中心とした泣ける回など、
かなり面白いラジオドラマだった。

とくに最終回は本当に泣けた。すごくよかった。
新潟でほとんどまともに電波が届かない中で、
必死に聴いて、思わずぼろ泣きだったことを覚えている。

メディア化されていないため、ニコ動などにアップされているものでしか聴ける機会がない。
「メリークリスマス」「ロンリー・バレンタイン」そして最後の「ハロー・グッパイ」は泣ける回。
「ウィンターツアー」はかなり笑える。
かなりおすすめなので、置鮎さんの素に近い声の演技がお好きな方はぜひぜひ。

【ニコニコ動画】MAICO メリークリスマス
【ニコニコ動画】MAICO ロンリー・バレンタイン 前編
【ニコニコ動画】MAICO2010 ハローグッバイ1
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1400-772c1da8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。