覚書

05 | 2017/06 | 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
28
 
発売日に購入した「腐女子をエスコート1 緑山&黒崎編」。

通勤&帰宅時に、ちらちら聞いていたものの、雑音でほとんど聞こえなくて、
休日出勤で旦那が不在な自宅で、思いきりスピーカーで堪能。
いや~ごちそうさまでした!

トラック構成は、

1. プロローグ
2. スペシャルメニューでおもてなし
3. 緑山、癒やしのエスコート
4. 黒崎、星空のエスコート
5. おやすみなさいませ、お嬢様
6. エピローグ
7. おまけ『腐女子の格言』


いままでの6人構成から、2人だけの構成になったので、かなり落ち着いた雰囲気。
(熱血な赤城や、にぎやかし系の黄山がいないので)
でも、年長組二人がお気に入りな方、
置鮎さん&遊佐さんのエロボイスが好きな方には絶対おすすめ!
とにかく、この二人をた~~っぷり味わえた。

さすがに長いので、続きは追記へ。


Original Dramatic CD Collection 腐女子をエスコート1 緑山&黒崎編Original Dramatic CD Collection 腐女子をエスコート1 緑山&黒崎編
(2012/07/25)
(アニメCD)

商品詳細を見る
置鮎さんの緑山は”王子様キャラ”ということで、ストレートな言葉と優しさ。
どこまでもやわらかくて、包み込むような甘い声。

遊佐さんの黒崎は”破天荒キャラ”ということで、ドS。というより、素直じゃないツンデレ。
低めで荒っぽい口調。その分、たまにこぼれる優しい言葉と声が強力。

とにかくエロボイスなお二人の声をず~っと聞いていられるという、
ボイス的にはかなり刺激の強いCDだった。


内容は、二人の掛け合い、単独のエスコート、二人からのエスコート、格言。
このシリーズはキャラの掛け合いのバランスが好きなので、
ふんわり穏やかな緑山と厳しい黒崎という、
正反対ながらもお互いしっかり認めている雰囲気が、いいんだな~これが。
(トラック2の一部は、なんとなくお嬢様に向けて単独でかけたセリフを混ぜたような違和感があったけど)


単独エスコートのシーンは、それぞれのお声をじっくり堪能できるうえに、
”腐女子”向けらしい、妄想に走れるエピソードが語られたり、
(4のラストで”お嬢様(=聴き手)”は、絶対、二人への腐女子的妄想による萌えで、元気になっただろw)
さらにヲタ向けあるあるやら、仕込まれたアニメネタなど、
キャラへの萌えに加えて、シナリオとしても笑えるところがポイント高い。

サロンでの萌え妄想のおすすめや、仕事場での萌え妄想による現実逃避やら、
共感できるあるあるから、ツッコミどころ満載だけど楽しそうな浮上の仕方まで、
このシリーズの醍醐味もしっかり踏襲されているので、エスコートといえどもシリーズとしてはぶれていない。


アニメネタは、いくつか元ネタがわかったけど、一部は不明。

・アニメ登場チャーハン →?
・カフェで笹 → しろくまカフェ

・アニメキャラフレグランス → スタスカ?(いっぱいあるけど男性キャラ同士のを混ぜたらしいからw)
・泣きぼくろのあるキャラの抱き枕 → 跡部(?ほかのキャラもあるかな)

・白鳥座&みずがめ座の師弟愛 → 聖闘士星矢
・天秤座のイケメン校長 → 仮面ライダーフォーゼ

・ドSキャラボイスの目覚まし → ?

・~はお前を裏切らない → 裏切りは僕の名前を知っているのルカ(櫻井さん)
・油断せずに~ → テニプリの手塚部長
・諦めたら~終了 → スラムダンク

なとこかな?


もともととっても好きな置鮎さんと遊佐さんのお二人であり、
毎回シナリオ(内容、テンポ)も面白いシリーズなので、かなり満足!
このシリーズは、ぜひぜひ続いてほしいな。
年長組、最高でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1422-0b6da264
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。