覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05
 
KISS×KISS Collections vol.23「ヒーリングキス」。
仕事の合間に家事をしながら、最後まで聴いた。
なるほど~ふふふ。

正規の発売日前なので、追記にて感想。
(公式サイト通販利用のため、発売日前にゲットできたのです。)
一通り聞いての感想。
(キスコレは初めてなので、このシリーズの定番ルールとか全く知らずに聴いてます。)

ファーストインプレッションどおり、
各エピソード(トラック)は、もっとじっくり聴きたかった気もする。
全く異なるシーンを集めたようで、
トラックの切り替わりに違和感(いきなり雰囲気が変わる場合が多い)を感じてしまった。

けれど、全体を通して聴くと、CDの最初から最後までで一つのストーリーが展開しているので、
その流れの中で、キスにあふれた甘いシーンをピックアップした、と考えると納得。
全体の流れにきちんと起承転結があって、エピローグにはなんだかほんわりしてしまった。


朝比奈さん。とっても素直な方。
置鮎さんの素に近いのかな?

置鮎さんキャラに多い、クールだったり、ツンデレだったりではなく、
本当に素直。言葉もかなりストレート。
旅行先で浮かれて(本人談)いるときの、
男心のストレートな言い回しは、すごくオープンで、
関西弁ではないけれど「ときメモGS」の姫条くんを彷彿とさせるようなストレートさだった。
ストレートに直球。でも切実。
こちらの想いを返すと、照れる。
終盤はその切実な想いがすごく伝わってきた。
すごくかわいい。本当にかわいい。


個人的には、キスがこれでもか!と入ってきて、
無理やり入れてないかな?というほど入ってくるので、もう少し抑え気味でもよかったかなあ。
(キスコレにそんなこと言ってはいけないのだろうけど)

ちなみに、キスの音ってこんなだったっけ?と気になって、
旦那とキスしたときに思わず音を確認してしまった。(おい)
うん、あんな感じ、あんな感じ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1436-94bb7a01
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。