覚書

05 | 2017/06 | 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18
 
置鮎さんの出演がきっかけではあったけれど、
最後まで毎週待ち遠しいくらい楽しめた。


最終回の「遠回りする雛」では、
あの、折木がついに!!!と、旦那と二人で大興奮だったのに、
結局、彼は里志と同じに迷いだしてしまった。
けれど、折木くんが”迷う”ところまでたどり着いただけでも、大きな一歩なのだろうか。
今までなら、迷う暇なく、省エネな方を選んでいたはずなので。


日常ミステリーというテーマ。
正直、1,2話の時点では、微妙かな?と思っていたけれど、
事件までいかない、ちょっとした出来事の真相に、
いろいろな人の想いがからまっていて、すごく楽しめた。
思わず涙が出てしまったこともしばしば。
共感できる想いもあって、アニメの描写の丁寧さが、すごく効果的だったと思う。


気にせずに通り過ぎてしまったら、気づかれなかった想いが、
誰かに気づいてもらえたことが、ひとごとながらも嬉しい。

「氷菓」のエピソードのとおり、
声なき叫びはいろいろなところに埋没しているんだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1484-082e3158
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。