覚書

09 | 2017/10 | 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
 
メインシナリオも終盤で、キャラクターエピソードも終盤。

ローエン、エリーゼ、ミュゼは最後のエピソードまで完了。
ほかキャラは、1歩手前まで。

キャラクターエピソードと、
ガイアス周辺について、いろいろメモ。

個人的には、キャラクターエピソードのほうが本編より泣ける。
※ 本編、キャラエピともにネタバレありなので、追記にて。



・ローエンのエピソード

”宰相”でありながら、ローエン一人が和平の責を担っているっぽい描写に違和感を感じたものの、
ローエンの”やり遂げたい”という想いがすごく真っ直ぐで、ほろりと来てしまった。

メインシナリオやその周辺のチャットでも、ローエンの年長者としての重みが強力で微笑ましいけれど、
反面、彼が託されているもの(友人だったナハティガルのことや、最期にガイアスの右腕となることを託したウィンガルのことなど)も重くて、
それでも表向きは飄々とこなす姿は、本当にいい人だな~って実感する。

ただ、エピソードは、相手国の首相とのやりとりがメインで、
ガイアスとの主従関係については、ほとんど触れられなかったことは残念。
メインシナリオで良い主従関係を築いているのは、実感できるけど…ね。


・エリーゼエピソード

シナリオ3で、どうしてもエリーゼの考え方(仲間を助けようとした人は、法をねじ曲げてでも助けてやるべき)に賛成できなかったので、最後の決着の付け方にほっとした。

ゲームや少年漫画では、友情や仲間は社会のルールより優先されることが多いけれど、
それを責任のある立場の人がやってしまったら、とんでもないことになる。
責任と権限がある人間だからこそ、定められたルールを守らないとその影響範囲は大きいんだと思う。
それを認めつつ、それでも”おかしい””変えたい”という気持ちは忘れないでほしい、という決着の付け方は、とても好印象。

また、ジャオとエリーゼのエピソーでは前作で一番泣けたポイントだったので(エリーゼが記憶をたどって、大事な記憶がお父さんじゃなくてジャオとの思い出だったこと)、
彼らの関係と、思わず「お父さん」と叫んだエリーゼにこれまたほろり。


・ミュゼエピソード

最後までギャグだった。
ミュゼの心の中の声が、まるでデジ子のようで笑えたと同時に、
振り回されながら、いろいろフォローしようとするガイアスがかわいかった。

色の好みについてのリップサービスやら、戦闘後のやりとりやら、
ガイアスはミュゼに振り回されすぎw


・ガイアスについて

ガイアスのエピソードについては、
まだ完結していないので、評価はまだできない。
シナリオ3のクラックたちとのやり取りや、
ここではうまく気を使うミュゼとのやり取りなど、
ガイアス、愛されてるなって思った。
公式動画で公開されていたガイアスのモノローグは、ほんとうに珍しく穏やかな声で、あの一言だけで、本当にじんわりくる。


他にもチャットやらイベントクエストだので、ガイアスの遊ばれっぷりが微笑ましい。

・四大精霊依頼のガイアスまんじゅう(イベントクエスト)
 ウィンガル作成のCMソングまで登場して、大爆笑。
 ウィンガルはガイアスに対して、こういう微妙な嫌がらせをいろいろしてたんだろうな。ツンデレめw

・ギガントモンスターについて(チャット)
 ギガントモンスターなんて修行がてら一人で狩るもの、と言い切ったり、
 ティポが大きくなったら、一回りめぐって可愛くなる!とか、
 終いには「これにて、一件落着!」と言い出すし、こんな王様だったら周りにも愛されるね。

・1年前の対決について(チャット)
 ミラとガイアスの戦いを”逆エビ固め”とプロレス話に変えちゃったミュゼにのって、
 「俺の手はロープに届いていた、あれはミスジャッジだ!」と話を広げだしたり。
 結局、これからの世界がどうなるかで、勝負の決着がつく、といういい話に。
 ミラ、ミュゼ、ガイアスともにボケキャラだけど、世界全体に責任を負うキャラだものね。

・ミラの服装について(チャット)
 最終的には「エレガントだ」w
 置鮎さんにエレガントとか言わせたら、「ガンダムW」のトレーズ閣下が浮かぶじゃない。

・プチチャット(左下に自動で現れるチャット)
 ジェントルマン系の敵キャラのクエストを受注すると、「生理的に受け付けん!」と怒り出す。
 ディールでは、グルメマップを持っていることをミラに指摘されたうえ、
 ミラにヨダレを拭くよう指摘したり…天然だね。


・ミュゼエピソードでのフォローっぷり
 好きな色を聞かれて「ミュゼを思い出す青」と答えるリップサービス(本人談)が、さすが。
 さらに、ミュゼの作った飾りが気持ち悪くて、仲間たちに不評だったので、
 気を使って自ら頭につけてみせたりwww

・メインシナリオでの人外っぷり
 クロノスの攻撃を”普通の人間”でありながらばっちり避けて、余裕で戦うところはさすが。
 さらに、クランスピア社からの脱出時は、ジュードとのやりとりリドウとのやりとりがかっこよかった。ガイアスの秘奥義の一撃で、イバルは早々に倒しちゃったいし。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1531-1743bb19
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。