覚書

09 | 2017/10 | 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08
 
1/5の「BLEACH」については、約一ヶ月前から待ちに待っていた回なだけに、いろいろ感想やら妄想が溢れかえって止まらない。

ツッコミどころもあるけれど、全体的な出来が良くて、そのまま展開をなぞった感想だけで頭がいっぱいになった。おかげで、プラスアルファの妄想や考えがまともな言葉にならない。
書き出してみたのものの…ほんとうにただの感想になってしまった。(しかも無意味に長い…)


書き出している間に、拍手&コメントありがとうございます。(長くなりすぎたので、返信は別途!)

以下、本当にただのダラダラ感想。


■ ストーリー?

・ バックグラウンドは明確に

ツッコミは早めに吐き出してしまおう。

「やらかしてしまって、朽木家の誇りを傷つけた響河を斬るべし!」という当主としての務めのために、白哉が裏切りともとれる行動をとっていたことが判明。
(予告どおり、千本桜の解説付き)

裏切りの理由の裏づけ、そこまでの流れが弱くて、やはり白哉が元々ファンのついているキャラでなければブーイングものの展開だったと思う。
名家を背負う重み(一族、それに連なる人々、さらには仕えることで生計を立てている人々を考えたらすごく重いこと)、課せられた責任の描写をきちんとしないと、ただの傍迷惑なお家騒動ととられかねない。
響河の過去ストーリーで、もうすこしその辺りをフォローしておいて欲しかった。

・ 引継ぎはしっかりと

あと、銀嶺さんの言葉が足りないような。響河に対しても、白哉に対しても。
生真面目な人間は、尊敬する人から与えられた務めには、頑ななほどのがんばってしまうもの。しかも情報が少なくて書庫を調べてみたら、闇歴史で一切記述がないなんて…なおのこと人に言えなくなっちゃうじゃないですか。
ただでさえ孫は不器用さんなのだから、そこらへん情報を与えてくれないと。

・ 伝言は忘れずに

次回、響河の最期に多少の救いはあるのだろうか。奥さん(銀嶺さんの娘)はほんとうに悲しんでいたし、銀嶺さんだって本気で案じていただけに…せめて、その事実(陥れようとおもっていたわけではない)を最期に知って逝って欲しい。
その事実を、きちんと白哉に伝えていますか?銀嶺さん。その真実を知ることができたなら、永遠に封印されながら人を怨み続けるよりも救いがあると思う。


■ バトルについて

正直、これまでの展開に対する不満を忘れてしまいそうなくらい良かった。

やっと白哉の本気モードのバトル [※1] 。やっぱりトータルバランスが良くて技(斬魄刀の能力以外も含めて)が多彩なので、バトルとして面白い。
さらに敵である響河の能力もすごく高いため、本当に楽しめた。

バトルの流れも、前半は殺陣・鬼道戦メイン、後半は能力戦とメリハリがあるし、雰囲気もがらりと変わって飽きさせない。

・ Aパート(殺陣・鬼道戦)

前半の殺陣は、スピード重視でありながら本当に動きが良い。個人的には、斬り合い始めてから、スローでギリギリ避けるシーンまでの一連流れと動きがツボ。
白哉が瞬歩じゃなくてバク転で攻撃を避けたり、一回転して矛を押し返したままその流れで斬りかかったり。いっぱい付属品の多いキャラ2人 [※2] をスピード感のある作画で描いていて、スタッフさんに頭が下がる思い。

その後も、ただ斬りかえすのじゃなくて、1つのモーションの前に、溜めモーションがあったりと細かい! 響河の矛の刀とは違う形状の特殊性が、攻撃&防御に活かされているのも楽しい。

しかし、白哉も響河も、剣術の技量、鬼道ともにさすがの強さ。でも響河の台詞だと、朽木家の当主ならばあれくらいのレベルは当然、求められるレベルようだ。当主って大変なのね。


・ Bパート(能力戦)

逆に後半の能力戦は演出重視。千本桜の技は本当に綺麗とした言いようがない。CGエフェクトを駆使して、今までよりずっと綺麗に描かれていたし。
殲景も終景もレアな技なだけに、ここまで美しく描いてもらえるとファンとしてはうれしい限り。

殲景・千本桜景厳のシーンのBGMは、インパクトの強かったSS篇・恋次戦の卍解のときと同じ曲で、美しさと非情なまでの強さが感じられていいな。
発動時の白哉の髪のたなびきっぷりとか、こういうところを丁寧に描いてくれるのはすごくうれしい。

ラストの白帝剣も、一護戦よりきれいなエフェクト。さらに、敵味方がお互いにぶつかり合うシーンで、白哉のほうも綺麗に飛翔?している感じの演出がよかった。
アニメの一護戦では、ふつうに「てててっ」と駆け寄っていっている描写で、ひどく違和感があったからな。


※1 オリスト1話目の恋次との演習でもない、241話の恋次戦や244話の剣八戦のように、受け流すでもない。さらに、千本桜を洗脳されたふりさせたままでもない。

2 白マフラーも赤マフラーもたなびきまくり。さらに、白哉の髪が、綺麗にたなびいていて感動。いつもは寝癖ですか!?てくらいにピンピンにはねているだけなのに!


■ 千本桜について

彼のデレを待ちに待ち、予想を超えるデレっぷりを見せられて……逆に呆然としてしまって、言葉がでません。

・カミングアウト

やっぱりグルだったのね。なかなかの演技っぷりだったけど、ところどころ、白哉への忠実っぷりが滲みでてたぞ。

正気に戻るシーンは、再屈服というより、氷輪丸と同じで目を覚まさせたかんじだろうか。仮面にちょっとヒビがはいったくらいだし。瞳のエフェクトも、我に返ったってかんじなので。

カミングアウトした後に、白哉と合流して響河に向かってくシーンでは、心なしかうれしそうに感じた。本当は「御意」なんて言うくらい敬ってる相手に、洗脳されてる演技のために暴言吐いたりしてたものね。 カワイイな、もう。

・ 貴重なデレ

大切に思っていても、決して口に出してはデレない白哉が、

我が千本桜の前では、貴様の鬼道など戯れにすぎん

なんて、彼にしては珍しいデレなのでないだろうか。

・ うわさの絆

ピンチで千本桜が助けに入ったシーンは…なぜ後ろに現れて助ける!?とか、なぜ肩に手をかける!?などいろいろ恥ずかしすぎて、ツッコミたくなりましたが…台詞と合わせて、かっこよかったから、もうなんでもOK!

白哉のほうも「千本桜…」と呼びかける声色や見上げる表情がいつもよりすこし穏やかで、綺麗で、とてもツボった。

千本桜が「我らが二人で…」と語るシーンでも白哉は何も言わないけど、同意なんだろうな。

村正のそばについた後の描かれていない場面での二人のやりとりとか、出会いシーンとかとか…あぁ、いろいろ見てみたかった。妄想が追いつかない。

長い間、扱いや演出に不安が多かったので、今回の演出がうれしい反面、あまりに良すぎてまだまだ見たいという欲がでてきてしまっているな。いかんいかん。

■ そのほか

・コマーシャル

「さくらびと」「過去篇DVD」「ソウルカーニバル」のCMなど、すべて白哉登場で幸せ。
さらに「戦場のヴァルキュリア2」のCMでは置鮎さん演じるブリクサム教官の「戦争を始めますよ」という、台詞が使われていたし。
 → ブリクサム教官紹介ページ (in 公式) イベント動画あり

・置鮎さんのファンですが…

アニメを見始める、ゲームをプレイする、それらのきっかけのほとんどが置鮎さん。けれど、その作品自体に魅力を感じないとすぐ止めてことも多い。
逆に、1つの作品、1人のキャラとして魅力を感じると、どんどんハマってしまう。

最近の「BLEACH」では、白哉にすっかりハマってしまって、一喜一憂してしまっている。ある方の「置鮎さんのボイスも~」という今話の感想を見て、「あぁ、そうだった、置鮎さんの声もよかった」とやっと置鮎さんの声に関する感想が浮かんだ(苦笑)。
”置鮎さんが演じている”という意識をもたずに白哉の声として聴いていたのか…楽しんじゃってるな、自分。

・ブログを彷徨って

感想を求めていろいろなサイト様、ブログ様を彷徨った。おおむね好評。かっこよかったものね♪(もちろん、朽木家ウザイという批判的な意見もあったけど、仕方ない)

リアルで二次元話が出来ない分、同じものが好きな方の意見、感想を読むのは本当に楽しい。



・「さくらびと」カレンダー投票結果発表
結果発表ページ
 4位までカレンダー化とは? ジャンプに掲載されていたイラストだと、1位の白哉&千本桜+3位の村正で1枚になっていたから、3枚分のみ?

・BLEACH “B” STATION の1月ゲストは置鮎さん♪ラジオを聴ける環境がない!

さくらびと(初回生産限定盤)(DVD付)さくらびと(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/01/13)
SunSet Swish

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

Comment

2010.01.07 Thu 12:04  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.01.09 Sat 00:16  |  

この記事、いつにも増して食い入るように読ませていただきました。
先日お伝えしたように、ほぼ【声なし】での視聴でしたが、演出が際立っていて本当に生きててよかったと感じましたよ!
今「夜空の川」を聴きながら書いています。
白哉が好きなのか、置鮎さんが好きなのか分からないくらい好きだと感じていますe-2

ところでカレンダーですが、応募の時CPは主と斬魄刀と限定されていませんでしたよね?
複数のPCで白ルキと白千に死ぬほど投票した身としては、白哉が入っているのだから満足すべきなんでしょうが、2位以下が納得できません。
一護と斬月ってそんなに人気あるの?
12月の映画の前宣では?
・・・などと勘ぐってしまいます。

すみません、私イチルキブログやってました。
酔った勢いでつい…イケナイワ。 
一護、2位おめでとう!

  • #-
  • ローガン渡久地
  • URL

2015.05.02 Sat 17:03  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/158-49c58dcc
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。