覚書

06 | 2017/07 | 08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10
 
※ 置鮎さん関連ではないです。

資格試験勉強が一段落した分、なんとなくアハ体験で脳に快感を感じたくなって「レイトン教授」の新作を購入。
…したものの、適当に動かしていれば解けてしまうパズル系の謎解きばかりで、アハ体験にならないので即売りして、数年前に知人からもらった「9時間9人9の扉」をプレイ。

DSのゲームだけど、3DSLLで違和感なくプレイできた。
タイトルどおり、数字をメインとした謎解き脱出ゲーム。
数学の知識としては、通常の加算と進数(16進数などの考え方、ただしきちんと解説が入るので知らない人でもOK)が必要な程度だけれど、その組み合わせなど、しっかり”考えなければいけない”ところがよかった。

また、シナリオもかなり面白く、何度もバッドエンドを繰り返して、たどり着いた真EDの終盤はかなり盛り上がった。
DSの2画面もうまく活用され、思いがけない秀作だったかも。
分岐の要素がわかりづらく、攻略サイトに頼ってしまったのが情けないけど…心地良い余韻も残り、続編である「善人シボウデス」もプレイしたいかも。

極限脱出 9時間9人9の扉(チュンセレクション)極限脱出 9時間9人9の扉(チュンセレクション)
(2011/12/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1637-b861eabe
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。