覚書

05 | 2017/06 | 07
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
帰宅中の電車などでプレイを進めて、3人クリア。

早速始めたマーリンルートに心奪われ気味なので、
さくっと攻略メモと感想。


Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)
(2013/03/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

■ ランスロット

・攻略について
ランスロットの好感度を上げるようにプレイすればOKなのは、他キャラと同じ。

初回プレイは、足りなかったのかバッドエンドだった。
ランスロットが酔ったときに「どうにもしない」
御前試合の傷の治療のときに「何も言わない」
に変更したら、グッドエンドになった。


・感想
さすがは、メイン攻略キャラ。
大筋はガウェインと同じなのに、各イベントの長さが全然違う!(苦笑)
ガウェインもこれくらいしっかり描いて欲しかったな、と思ったり、
ずっと「おまえどうせギネヴィアが好きなんだろ」と思ってプレイしていたので、終盤まではあまり楽しい気持ちになれなかった。

けれど、ランスロットの”最強”に対する苦悩は、かなり心打たれるところがあって、彼に対する好感度がかなりUP!
ここの部分をもっと深く、じっくり描いて欲しかったな。これが一番重要でしょう!
また、主人公の”彼の優しさはただの役目”という苦悩が、”王としてのジレンマ”っぽくて良かった。
反面、主人公、ランスロットともに互いを好きになった過程がカットされている点は残念だった。
あと、サブキャラクターについて、ほとんど解決にならなかった点も。
(他ルートだと、何らかのサブキャラと和解、問題の解決が発生していたので)

おまけのショートストーリーで意外とかわいい本心が見えて、かなり好きになったかも。

■ トリスタン

・攻略
好感度アップでさくっとグッド。
逆の選択肢でバッドエンド。

・感想
他キャラとまったく違う展開で先が読めず、
ヤキモキしながらも、すごく楽しめた。
互いに好意を寄せる過程も仲間たちとの微妙な空気も、
ガウェインやモードレッドルートと比較するととても丁寧に描かれてじっくり味わえた。
パーシヴァルの想いもよかったし、マーリンの活躍も光ってた。

トリスタンのデレた後の豹変っぷりもいい♪
大人なのに情熱的。
最近のTVアニメでは子安さんの怪演を聞く機会が多いけれど、シリアスもやっぱり素敵です。

■ ガラハッド

・攻略
好感度をMAXにしても、バッド・エンドになってしまった。
7章からやりなおし、基本は同じ選択肢で、
・モルゴースの指示に対して「聖剣を渡さない」
・ガラハッドの剣のシミについてマーリンに話さず「夕食について聴く」
に変更したらグッドエンドになった。

・感想
予想外に萌えた。

デレたら年下らしい可愛さがでる”よくある年下系ツンデレキャラ”と高をくくっていたけれど、ここまで可愛いとは!
告白までの展開が早めだった分、その後の葛藤が丁寧に描かれていて、もぞもぞ感とガラハッドの可愛さが最後まで微笑ましかった。

ストーリーの核心に迫る展開もあり、彼のルートでマーリンルートが解禁されるのも納得。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1646-ea05988b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。