覚書

10 | 2017/11 | 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07
 
週末を活かして一気にクリア。

さすがは、公式おすすめラストルート。
マーリンだけでなく、いろんなキャラ、いろんな意味で良かった。

激しくネタバレなので、追記にて。
・攻略について

ガラハッドグッドエンドクリア後、
・探索でマーリンが選べるようになる
・一部シーンが追加
により、マーリンの好感度を上げて第4章のエスコートにマーリンを選択できるようになる。

あとは、好感度上げればOKとおもわれる。
(まだバッドエンドを確認していないので、詳細は不明)

・感想

マーリンルートクリアによって解禁される「ある王の物語」と合わせて、大団円な物語だった。
主人公の想いをことごとく”範囲外”としてかわし続けるマーリンとのやりとりの切なさも良かったけれど、
他ルートで語られることなく終わり、すごく気になっていたサブキャラたちの真相が語られたことが非常に大きい。


共通ルート・4章ラストのエレインとのやりとりで涙しただけに、
祭りのシーンは涙が止まらなかった。
他キャラルートでは、気丈に元気に振舞っていたエレインの揺らぐ姿がどうしようもなく悲しかったけれど、幻でも喜んで、別れを告げるエレインの姿がたまらなかった。
揺らぐことなく元気でい続ける姿より、こちらのほうがしっかりと受け止められているようで、良かったと思う。

ラストのモルゴースについても、すべてのルートで悪女として様々な妨害と謀略を働かせてきた彼女の本当の目的がやっと語られて、じんわり。
それでも許されることではないのだろうけど、彼女なりのあがきだったんだな、と。
同じく他ルートでは確定されなかったマリーの行動の真相もしっかり描かれた。


メインである主人公とマーリンのやりとりは、とにかく切なくてもどかしくて。
お互い分かっているのに、かわし続けるもどかしい会話の連続に、もぞもぞ感がいや~いい♪
個人的には「好きだ!」「私も!」みたいな分かりやすい恋愛描写よりも、
言えない、受け入れられない、葛藤と焦らしによるもぞもぞ感のほうが好物なので、7章ラストまではたまらなく萌えた。
ところどころ入る、マーリンの誂いなセクハラは艶っぽいし、戸惑いながらのキスとかね~いやはやすごく良かった!
置鮎さんの囁きボイスの破壊力は相変わらずだし!

…だけに、
マーリンルートだけ7章+終章という、1章少ない構成だったことが残念で残念で。
しかもラストの終章は短すぎ!
あれだけ躱しまくっていたのに、終章になったらあっさり受け入れてしまう展開は、少々拍子抜けだった。ラストのマーリンの会話もちょっと謎だったし。
(主人公を受け入れる気持ちになった経緯がよくわからなかったのですが…うーむ)

バッドエンドとおまけのショートストーリーで補間されませんか?どうなんでしょうかね??

(バッド・エンドを終えて)
さくっと終わってしまった…しくしく。


・ある王の物語

この物語の根幹について。

物語の始まり方から、カムランの丘でのアーサー王の悔恨による物語だとは分かっていたけれど、
a. 過去をやり直した世界
b. 全く別の世界
のどちらなのか、途中までよくわからなかった。

最初クリアしたガウェインルートプレイ中までは、aだと思っていたため、名前が同じ別物語なことに違和感を感じていた。
ただ、ランスロットルートのニムエの「今のランスロットは関係ない」の発言で、bかな?と思い始めた。
過去を変える=選定の儀をやり直しただけなら、ニムエがランスロットと関係”なくなる”ことはないはず。

ガラハッドルートで確信して、「ある王の物語」での答え合わせで納得できた。
アーサー王の祈りに答えた聖剣が聖杯を使って作り上げた別世界。
登場人物は同じでも、その生い立ちも行動もまったく別の世界。
そう考えれば、まったく異なる設定や展開も、それこそがアーサー王の望んだ結果、と受け取ることができる。

ニムエやマーリンのようなモノたちだけは、元の世界を知ったまま、新しい世界の中の役割を演じている。これもなかなか感慨深いんじゃないだろうか。
違う世界の異なる歴史を知りつつ、そこが作られた世界と分かりつつ、
その世界を見守っているのは、すごく難しい心情だと思う。

(バッドエンドのためのプレイを終えて)
「ある王の物語」のきっかけとなるアーサーとマーリンの会話は、
エレインの死者との対面がきっかけだった。
だからこそマーリンルートで解禁されるのね。なるほど。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/1647-ebfedc51
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。