覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04
 
らしいと言えばらしい。そんな珍道中。

■ シナリオについて
※ バレ注意

光秀(緑川さん)の目を盗んで飛び出したガラシャ(鹿野潤さん)を拾った(苦笑)元親(置鮎さん)。
ガラシャは光秀のもとに戻ろうとするものの、光秀はガラシャを探して行方不明。

そして、元親とガラシャはともに光秀探しの旅へ…。
九州で立花千代(進藤さん)を仲間にしたり、情報を得るために毛利元就(石川英郎さん)を倒したり。

そんななか、本能寺の変で織田信長死亡。
首謀者として追われている光秀と合流したものの、光秀はガラシャを探していただけで、本能寺の変とは無関係。(すごい展開…)
光秀を倒そうとする、秀吉(同じく、石川さん)を倒したものの、天下に悪人の烙印を押され、八方ふさがり。
そんなところ、元就の助言で日本を去ることに。

首謀者のまま姿を消すのが、天下泰平のためだ…と。

最後には、元親、光秀、ガラシャの船上のまったり会話。結局追いかけてきた、立花。
最後の最後までギャグだった。


ある意味、めちゃくちゃな展開だったけれど、「戦国無双」の「凄絶!!」な元親らしいといえば、らしい展開。
ほぼガラシャを中心に話が展開していくものの、周囲の大人たちが、ただ巻き込まれているのではなく、自らの意思で助けてあげようと行動しているところがいい。

電波だけど心強い元親、ボーイッシュでもしっかり温かくてやさしい立花。
巻き込まれ型だけれど穏やかでかわいい光秀。
こっそりおいしいところを持っていく、物知り博士な元就。

なかなか味方武将のバランスがよかったこともポイント高し。


そして、「戦国無双3」同様、元親と光秀はめちゃくちゃ仲良し。コーエー…ねらいすぎだ。
置鮎さん&緑川さんという、たまらん組み合わせなのは事実だけどさ。

■ システム

システムのチュートリアルもあるので、内政も合戦もだいたい理解できた。

しかし…正直なところ元親のアクションわかりづらい!
通常攻撃の回数によって、そのあとのチャージ攻撃がガラリと変わって…それがすべてトリッキーな動きなので大変大変。

あと、拠点の制圧により戦術性を持たせているのはいいけど、大筒拠点の威力がすごすぎて、最初にここをとらないとすぐに取り返されてしまう。
逆に、大筒拠点と兵糧拠点さえとれればOKなような…うむむ。


つぎは、同じく「戦史演舞」で毛利家をプレイしてみようかな。
石川さんの穏やかな演技と、飄々としたキャラクターが魅力的だったので。
制圧地域からすると、元親も出てきそうだし!いや、時代が違うかな??

(元就について追記)
すごく「銀河英雄伝説」のヤン提督!!!
歴史を重んじ、戦争を好まず、知略に長け、戦術以前の戦略を重視する。
柔らかな物腰、ベレー帽のように斜めに被った帽子(名前がわからない)。
さらに、無双奥義の最後に頭を掻くモーション。

思いっきりヤン提督なんだけど…。
ここまで徹底されると、ファンとしては喜んでしまう。なんかすごく気に入ってしまったかも。



戦国無双3 Empires(通常版)戦国無双3 Empires(通常版)
(2011/08/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/857-ebf54101
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。