覚書

09 | 2017/10 | 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
22
 
家事がひと段落して、旦那の「TOX」プレイを見学中。(イル・ファン突入前)
エリーゼのアタッチメントへのこだわりに吹いた。エリーゼにツインテールは男のロマンなのか。

でも、エリーゼは、本当にかわいかった。
私も、ずっと表示キャラはエリーゼで、色替え&白うさみみ&天使の羽のアタッチメント。
2周目は他の格好をさせてみよう。
(旦那のめがね&あほ毛を活用した、ジュード君の「神のみ」桂馬くんコスプレが完璧すぎて、アタッチメントの可能性を感じたww)


以下、なぜか洗髪中に受信したア・ジュール過去篇妄想。
ウィンガルとガイアスが知り合ったタイミングについての妄想メモ。
※ BL系の妄想はなし。
ガイアスとウィンガルが知り合ったタイミングは、
ガイアスがロンダウ族を打ち倒した17歳のとき(ウィンガル13歳)だと思っていたけれど、
それ以前から知り合いだったとしたら…のあれこれ妄想。

※ 9/24追記:やはり”ガイアス”と名乗る前から知り合いだったみたい。
 → ア・ジュール関連のメモ(09/24のエントリ)


・可能性の根拠

・妹のカーラさんはロンダウ族長の側近と婚礼予定だった
・ロンダウ族の一部隊としてファイザバード会戦に参戦

→ ロンダウ族長と近しい関係にある。
→ 後の族長であり、当時(20年前より以前)族長の子息(世襲と仮定)であったウィンガルと知り合っていてもおかしくない。


・立場の逆転

20年前より以前は、ウィンガルは支配部族の族長の子息で、アースト(ガイアス)は弱小部族の族長の子息。
当然、ウィンガルの方が年齢が下でも、立場は上。(20年前で8歳)

アースト君であったころ、年下の少年に対して敬意を払った態度をとっていたら、本編とギャップがあってなんかかわいいな。


・思わぬ再会

さらに、”互いに知っている”レベルではなくて、”友人”と呼べるほどの知り合い、だったとしたら、いろいろ面白いかも。
ウィンガルからしたら自分の方が立場は上でも、力と年齢は相手のほうが上だから、こ~っそり憧れている、目標としている相手とか。

そんななか、
闘技大会で優勝しながらも無効にされたり、
会戦で活躍しながらも部隊が全滅したり、
というアーストの姿を…支配部族の立場(しかし子供なので発言権はない)から複雑な心境で見ていて…。

さらに、会戦の後、アーストとしては姿を消してしまった、としたら…子供心に、ものすごく強烈な存在だったと思う。

そして数年後、ガイアスと名を変えて、自らを打ち倒す存在として現れたら…

なんて、いろいろ妄想してしまった。ウィンガル好きすぎて、消化不良すぎて妄想止まらないや。


・追記:ウィンガルくん(仮名)が頭脳派になった理由

↑の理由で憧れを抱き、剣の鍛錬に勤しんでみたものの…目標が偉大すぎて、自らの腕前は到底届きそうにない。
頭に灼きついた憧れの姿と自らの実力の差に打ちのめされ、
ならばと方向を変え、頭脳派として成長したのかも、とか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/889-7fe7db5a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。