覚書

07 | 2017/08 | 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10
 
フックルートコンプリート。

ネバーランドの「恐怖の象徴」
海賊団のお頭、ジェームズ=フック船長

とことんそのキャラが掘り下げられるので充実のイベント数。楽しませてもらった!

攻略メモは別途
 → フックルート攻略メモ


■ 声ヲタとして

置鮎さんの演技は、トリコの演技にさらに粗暴さと邪悪さ(悪党ですので)をプラスしたような、とてもワイルドな演技だった。

その一方で、
トラウマである時計ワニのおびえ方や
大好きなチョコレートへの心酔っぷりは
台詞回しも演技もギャグだな~と笑ってしまうほどかわいらしい。
ギャグっぽさは「CLANNAD」の秋生さんのようだろうか。


それでいて、きちんと乙女ゲーキャラとしてのお楽しみもバッチリ。
フックルート後半、主人公に惚れこんだ後の甘いささやきの連続は本当に反則!
キスなんて当たり前、いろいろいろいろ触ってくるし(笑)
その度に痺れるほどの甘いささやきを食らわせてくれるので、PSPにいったい何度つっぷしてしまったことか。


置鮎さんの特徴のひとつである、「艶」「高貴さ」とは完璧無縁の荒々しさ。道化っぷり。
だからこそ味わえる、猛獣のような漢らしさと、ぞわぞわきちゃいそうな肉食系っぷりがたまらない。

ごちそうさまでした~すばらしかった!!


フックについての感想は長いので、追記にて。
他ルートのフックについても。
■ フック in フックルート

・フック海賊団

フックを中心とした海賊団のメンバーを含めたフック海賊団のストーリーだった。

海賊たちはとにかくフック船長に心酔している。
腹心であり世話役であるスミーをはじめとした4人の部下たちをメインに、
みんながとにかくおかしら命!!おかしら万歳!

フックも海賊の仲間たちを「家族」と呼んで大切にしていて、
その気持ちも部下たちはよく理解している。

おかげで、フックと主人公を暑苦しく応援してくれるし、
フック本人が言わないような優しい本心や熱い想いを部下たちが語ってくれる、
たいへん心地よい集団になっている。

・乙女ゲー的描写

主人公がフック惹かれていく描写についても、
悪党に惹かれていいのか
女性慣れしてる男に惹かれていいのか
すぐに飽きられてしまうのではないのか
ただの利用できる駒でしかないのではないか
など、いろいろ葛藤が描かれていた。

前半で投げかけた課題や疑問を、後半でしっかり回収しきっているところもよかった。

(追記)
ちなみに、失った手が痛くなる症状は「幻肢痛」と言われる、実際に起こる症状。
Wikipediaによると「電流を流した万力で潰されるような痛み」とある。それは痛い…。
幻肢痛(Wikipedia)


また、置鮎さんのキャストコメントにあるとおり色っぽいシーンが多い。
具体的な描写はないけれど、その前後が描写されていて、かつ回数が多い(苦笑)
肉食系なフックだから多かったのか、ほかのキャラでもこうなのか??

少々残念なのは、ほか攻略キャラの描かれ方が魅力的ではないこと。
シザーはライバルとして、かっこよく登場したからいいけれど、
ピーターは悪役ですか!?というほど困ったちゃんに描かれていて、正直攻略する気が起きないくらい。

現時点だと、シザーとマイケルくらいしか攻略する気が起きない…(ぼそ


■ フック in シザールート

(序盤プレイ中)

ライバルであるフックももちろん登場♪

フックルートで、終盤の甘いささやきモードを聞きまくった後なので、
序盤の粗暴&粗野で置鮎さん特有の「艶」がゼロな演技が久々で新鮮なくらい。

シザールートでも
海賊の手下からの慕われっぷりと手下を大切にしているところは健在。
これはうれしいかも。

(クリア後・シザールートのバレあり)

さすがはライバル。フック登場しまくりw 

シザーの弱点とするために主人公を焚きつけて、
結果的に主人公にシザーを意識させるきっかけを作ったり、
さらに、フックの「やりたいことをできないくらいなら死んだほうがマシ」という
奔放な精神が主人公が一歩踏み出すきっかけになったり。
かなり重要なキーキャラ扱い。

また、シザーにとっても
(壊そうとしても壊そうとしても)「壊れない海賊」として、
シザーが生き続けられることができた重要なファクターであったことが明かされる。

海賊たちは相変わらず「おかしら命!」だし。
フック本人の行動や描かれ方は、他キャラルートであるため
ほとんどギャグ、道化に近いけれども、それでも愛すべきキャラとして描かれていて楽しかった。

■ フック in ジョンルート

またもやキーキャラクター。

出番こそ少ないけれど、ジョンが一歩を踏み出すきっかけを作る役目を担っていた。
なぜなぜ?と理由を追求して理詰めで自らの感情も理解しようとするジョンに
「好きなものは好き」
「欲しいものは欲しいと言わなきゃ、奪われちまうぞ(奪っちまうぞ)」
と炊きつけた。

さすがです。
フックは、ある部分ではもっとも大人なキャラなんだな~って思った。
ジョンへのからかい方が余裕にあふれててよかった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rain81.blog99.fc2.com/tb.php/936-b62dbf4f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。