覚書

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03
 
第八話、防衛モード突入まで。

さすがに敵が強い…防衛モードが私の低いアクションスキルのギリギリ限界気味。
八話は本当に進めないのですが…しくしく。
(飲んだ後というのもあるけど)

以下、攻略メモ&ストーリーについて(ネタバレあり)
 
31
 
ラブコメって、バトル。

いきなりのラブコメ展開。
隊員たちのひやかしも楽しい。
そして、意味深なラスト。見えてきた謀略。


以下、攻略メモとストーリーについて(ネタバレあり)
 
30
 
お墓参りや学園祭に出かけたので、ほとんど進めず。

急展開からの回収。意外とあっさり終わった第五話。
こっそり増える伏線。どう決着がつくのか気になる。

以下、攻略メモ&ストーリーについて(ネタバレあり)
※ 攻略本を購入済ながらも攻略情報はあえてみないようにしているので、攻略方法は自己流です。

 
29
 
第5話突入。
毎度毎度の急展開。そして、見え始めるウラ側。

4話の防衛モードで詰みかけた…。
ジャンプアクション苦手…すぐに穴に落ちてしまう。うう。
でも、試行錯誤をくり返してのアクションプレイは好きなので、くそ~っと悩みながらも楽しい。


以下、攻略メモとストーリーについて(ネタバレあり)
 
28
 
第3話をクリアして、第4話・防衛モード途中まで。

毎回、敵である「特異点」の特徴ががらりと変わるため、戦闘の雰囲気が変わるのが楽しい。
第3話は、近代兵器とのバトルも! vsヘリとか…個人的に燃えた。
なんだか、「MGS PW」を再プレイしたくなってしまった。

そして、新しく隊員が3名加入。
さらに、有料体験版の追加データで、黒犬(福山潤さん)もメンバー入り。
各キャラクター使い勝手が個性的。

個人的には、戸松遥さん演じる、暴言ロシア娘がお気に入り。
しょっぱなの出会いで暴言を吐いたうえに、強攻撃(対戦車ミサイル)のたびに「ハゲ!」「間抜け!」と叫ぶ…なんて子だろう。でも、楽しい。
スキが大きい反面、一撃が大きいので、なかなか使い勝手もよい。

対して、4話加入のテキヤくん(中井さん)は、これまたクセがありすぎ。
敏捷性が高いので、宇佐美(梶さん)のように空中ダッシュを活用すれば、なかなかいい攻撃ができるものの、強攻撃の手榴弾の使い勝手がいまいち。
スキが多く、2連攻撃しかできないのに、攻撃力が低い…う~ん。

以下、3話攻略メモ&ストーリーについて(ネタバレ)
Copyright © rain / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。